更年期障害の原因と症状を徹底解説!更年期とは何か?

更年期とは女性ホルモン分泌が衰える閉経前後の期間のことです。そして更年期によって起こる様々な身体の異変を更年期障害と言いますよね。更年期障害にはどんな症状があるのでしょうか。原因や症状、対策方法を詳しく解説していきますよ。

更年期障害は多くの女性たちの悩み

更年期は女性なら誰もが通る道であり、それに伴う更年期障害に悩んでいる人も多いでしょう。更年期障害を正しく知ることで少しでも不安を解消して、更年期を上手に乗り越えましょう。これって更年期障害?と悩んでいる方必見ですよ。

【原因】更年期とは?更年期障害の原因

更年期障害とその原因

更年期とは、卵巣機能と女性ホルモン分泌量が衰え始める閉経の前後の期間のことをいうんです。更年期が始まる時期は個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが50歳頃だと言われているので、45〜55歳頃に更年期を迎える人が多いようですね。

更年期には、卵巣の機能が衰えて女性ホルモン「エストロゲン」が減少するけど、脳は卵胞刺激ホルモンを分泌して、エストロゲンを卵巣から分泌するように促すんです。でも、卵巣は十分な量のエストロゲンの分泌ができません。

そのためと卵胞刺激ホルモンは増加しているのにエストロゲンは減少するホルモンバランスの乱れが生じるんです。その結果、ホットフラッシュと言われている体のほてりや大量の汗、動悸などの症状が現れるんですね。

また更年期障害は、ホルモンバランスの乱れに加えて生活リズムの変化や精神的ストレスなども原因のひとつと言われていますよ。

女性ホルモンが体に及ぼす影響

女性ホルモンは女性の人生に大きく影響をします。月経や妊娠を司るだけではなく、体を若々しく美しく保つ役割をしたり、脳や血管、骨にまで作用していますからね。

女性の平均寿命が男性より長いのは、女性ホルモンに守られているからとまで言われていますよ。そのため女性ホルモンが低下すると体に様々な症状が現れてしまうのですね。

【症状】実はそれも更年期!?更年期障害の症状

更年期の症状には個人差があり、ほとんど気にならないほど軽い人から、日常生活も満足に送れないほど重い人もいますよね。具体的な症状を挙げていきますよ。

体にあらわれる症状

ホットフラッシュ(ほてり)

代表的な更年期症状のひとつで、意志とは関係なく寒い真冬でも突然首から上がカーッと熱くなって大量の汗をかく症状のことです。

【ほてりと関係する症状】

  • のぼせ
  • 多汗

冷え

女性ホルモン減少によって体温調整などが上手くいかなくなったり、加齢に伴い筋肉量が減少することから熱を作ることができなくなり、特に手足の冷えなど体の末端冷え性になる場合があるんですよ。

【冷えと関係する症状】

  • むくみ

肩こり・頭痛

女性ホルモンエストロゲンの減少による自律神経の乱れが原因でひどい肩こりに悩む人もいいるんです。また、肩こりや脳の血管壁の収縮やけいれんが原因で、頭痛が起こる場合もあるんですね。特にもともと頭痛持ちだった人は悪化する可能性がありますよ。

頻尿・尿漏れ

自律神経が乱れると膀胱が過度に収縮していって膀胱に尿がほとんどたまっていなくても尿意を感じる場合があります。また、加齢によって骨盤底筋が衰えるのも原因のひとつですね。

抜け毛・薄毛

女性ホルモンエストロゲンには髪の成長を促す働きがありますが、エストロゲンが減少することによって髪の毛が抜けやすくなるんです。

めまい・耳鳴り・ふらつき

体の動きや姿勢に関して、目、内耳、足の裏の感覚などを通じて脳で情報を統合してバランスをとっていますが、自律神経が乱れてこの仕組みのどこかで異常が生じ、めまいや耳鳴り、ふらつきなどの症状が起こりやすくなります。

倦怠感・疲れやすい

女性ホルモンエストロゲンの減少によって視床下部が混乱して、体のバランスが崩れてしまいますよ。その崩れを元に戻そうとするため、体に無理が生じて疲れやすくなりますからね。

あと、ほてりや冷えなどその他の更年期の症状によって寝付きが悪くなったり、夜中に何度も目覚めてしまって、睡眠の質が下がって疲労の回復が出来ない場合がありますよ。

体の働きに関する症状

消化不良・食欲不振

自律神経が乱れることで消化器官の働きが鈍くなる場合があり、消化不良や食欲不振などの症状が起こりますよ。人によっては胃痛や胃のもたれなどの症状が出る場合もあるんですね。

月経異常

普通月経は25〜38日程度の周期で起こり、排卵期には出血を伴いますが、更年期の初期頃から次第に生理周期に狂いが起き始めるようになります。

24日以内に次の生理が来てしまう頻発月経と、39日以上生理がこない稀発月経が不定期で起こり、次第に稀発月経の方が頻発し始めるようになるんです。やがて次の月経まで期間が延びていき、最終的に1年以上生理がこなくなると「閉経」を迎えたと判断されるんですね。

精神的な症状

イライラ・不安

ホルモンバランスと感情の起伏には密接な関係があります。女性ホルモンエストロゲンの減少で、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、不安になったりする症状が現れる場合があるんです。

感情のコントロールが難しくなるのも更年期障害の代表的な症状と言えますからね。

焦り、神経過敏、興奮状態、物忘れや集中力の欠如が起こる場合もありますよ。

うつ症状

酷い場合は、感情のコントロールが効かず気持ちがふさぎ込んでしまってうつ状態に陥る人もいます。

【対策】更年期を少しでも楽に!対策方法を知ろう!

漢方、サプリメントの利用

副作用が少ないため安心して服用できる漢方やサプリメントは更年期障害の症状に緩やかに作用して緩和する働きがありますよ。漢方やサプリメントは様々な種類があり、自分の体質や症状にあったものを選ぶことが大切ですね。特に漢方の場合は専門家に相談してみるとよいでしょう。

薬の利用

ドラッグストアなどで購入できる市販薬でも、更年期の症状を緩和するものがありますよ。代表的なものでは「ルビーナ」と「命の母A」ですね。

「ルビーナ」は連珠飲という漢方をベースとした第2類医薬品です。ほてりやのぼせなど更年期症状の12症状に効果があると言われていますよ。

「命の母A」は更年期に役立つ栄養素を配合した第2類医薬品で、主成分は漢方の生薬になります。更年期の症状20種類に効くと言われていて、効果がある症例が多のが特徴ですね。

医薬品なので間違った服用の仕方をすると副作用が出る場合があります。使用状の注意をしっかり守りましょう。

生活習慣の改善

日頃の生活習慣を改善することも、更年期障害にとって効果のある対策ですよ。寝不足や運動不足、脂っこいものが多い食事はホルモンの分泌を減らしてしまいます。十分な睡眠や適度な運動、バランスのよい食事で更年期障害の症状を軽減しましょう。

またストレス軽減のために太陽光を浴びて、よく笑い、音楽やアロマなどでリラックスすることも大切ですからね。

タバコや深酒は自律神経の乱れに繋がるので注意が必要です。老化の進行や健康にも悪影響があるので出来れば止めた方がよいでしょう。

病院での治療

更年期障害の根本的な治療法としてHRT(ホルモン補充療法)があります。減少している女性ホルモンエストロゲンを補充する療法ですね。

飲み薬や貼り薬、塗り薬があり、健康保険が適用されますよ。身体が治療に慣れ始める1〜2ヶ月後の間、不正出血や乳房のハリや痛み、下腹部のハリ、吐き気などの副作用が起きる場合があります。

また精神症状の場合は抗うつ薬や抗不安薬も一緒に使用することもありますからね。更年期障害の治療の目的は本人にとって辛い症状をなくすことなので、上手に薬を組み合わせることも必要となりますよ。

「男性でも」「若くても」更年期障害になることがある!

男性更年期障害

男性にも更年期障害があります。男性ホルモンのテストステロンが減少することにより、性欲減退やEDだけでなく、集中力の低下や無気力、不眠、不安感などの症状から、筋肉痛、心筋梗塞や脳梗塞リスクの上昇など、身体に様々な不調が起こりやすくなりますからね。

男性の更年期障害は日本においてはまだまだ認知度が低いのが現状ですから、症状がひどいようなら専門の医師に相談して正しく治療する必要がありますよ。

若年性更年期障害

最近では20代や30代の若い年齢であるにも関わらず更年期症状があらわれる若年性更年期障害の人が増えてきていると言われていますね。無理なダイエットや不規則な食事や生活、日々のストレスなどによってホルモンバランスが崩れることが原因なんです。

症状を自覚した場合は専門医を受診して治療することをおすすめしますよ。

更年期を知ってツラい毎日にさよなら!

更年期障害には様々な症状があります。個人差があるので、日頃何気なく不快に感じていた症状が実は更年期によるものだったと驚いている人もいるでしょうし、周りに症状を分かち合える人がいなく不安に思っている人もいるでしょう。更年期を正しく知ることで自分に合った対策方法も知ることができますからね。しっかり対策をしてツラい毎日にさよならしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です