更年期のめまいは危険!?原因と対策を徹底解説!

「更年期に入り急にめまいが増えた、もしかして更年期障害?」と不安を抱く人もいるでしょう。そこで更年期障害から来るめまいの特徴を始め、めまいが起こってしまった時の対処法や改善方法などを大公開しますよ。辛いめまいを何とかしたい人、必見です。

更年期に「めまい」が起こることは多い

「40代に入ったらめまいや立ちくらみが起こることが多くなった」と感じる人も多いのではないかしら?中には何か病気にでもかかったのではないかと不安を抱く人もいるでしょうね。

そこで、なぜ更年期になるとめまいや立ちくらみが起こりやすくなるのかはもちろん、更年期に多い「更年期障害」が原因で起こるめまいの特徴まで教えちゃいましょ。また、辛いめまいが起きた時の対処法や、改善方法も詳しく紹介していきますからね。ぜひ参考にしてみてください。

更年期にめまいや立ちくらみが起こる原因

更年期と聞くと「更年期障害」のことと思いってる人もいるのではないでしょうか。でも更年期=更年期障害ではありませんよ。更年期とは、大体45~55歳くらいまでの年齢層の人のことをまとめて呼びます。よく小さな子供の時期を幼少期、10代を思春期と呼びますが、それと同じ感じと思っておくとわかりやすいでしょうかね。

では、なぜ更年期になるとめまいなどがよく起こるようになるのかと言うと、この時期になるとほとんどの人が閉経を迎えます。閉経が近づくことで女性ホルモンの分泌が少なくなり、ホルモンバランスが乱れることで自律神経も乱れてしまうんですね。自律神経の乱れによって様々な体調不良を引き起こすのですが、これらの症状をひとまとめにして「更年期障害」と呼びます。めまいや立ちくらみも、自律神経の乱れから来る更年期障害の症状の一つなんですよ。

更年期障害のめまいには特徴がある

更年期障害が原因で起こるめまいにはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょうか。

回転性めまい(ぐるぐる)

回転性めまいの主な原因は、耳内にある平衡感覚を司っている三半規管(さんはんきかん)内のリンパ液が増えすぎることで起こります。主な症状は景色や天井がぐるぐる回って見えるようなめまい、船酔いのような吐き気、耳鳴りなどかしらね。

ほとんどの場合、しばらくじっとしていれば自然と治まっていきますよ。ただし頻繁に症状が出る場合は、メニエール病や突発性難聴などの病気が隠れていることもあるため、一度病院を受診して検査を受けましょうね。

動揺性めまい(ふわふわ)

動揺性めまいは、平衡感覚を司っている脳幹や小脳などの機能が何らかの理由でうまく機能しなくなることで引き起こされます。脳幹は自律神経の大元の部分なので、自律神経の乱れが原因で引き起こされる更年期障害のめまいは、この動揺性めまいが一番多いと言われているんですよ。

主な症状は雲の上を歩いているようなフワフワとしためまいや、肩こりなどがあります。動揺性めまいは、長期間にわたり繰り返し何度も引き起こすのも特徴の一つと言えるでしょうね。

眼前暗黒感(立ちくらみ)

眼前暗黒感とは目の前が真っ暗になり意識を失いそうになる症状のことを言うんですよ。簡単に言うと立ちくらみのことで、脳が虚血状態(血が足りない状態)になることで引き起こされます。症状がひどくなると、そのまま意識を失うことも珍しくありません。

立ちくらみの主な原因は疲れです。特に更年期障害になると、不眠などの症状で悩まされる人も多く疲れがたまりやすいので、この立ちくらみにも十分注意したいですね。

めまいが起きたときの対処法

では、めまいがおきてしまったときどうやって対処すればよいのかと言うと、まずはその場でじっとすることが大切。めまいや立ちくらみの場合、動いていることが原因で引き起こされていることも多いため、むやみやたらに動かないようにしましょうね。

自宅にいるときであれば、ソファーやベッドなどで横になり、できれば部屋を暗くし静かな環境を作ると症状が早く落ち着きますが、難しい場合は目をつぶるだけでも大丈夫ですからね。外出時であればいったんその場にしゃがみ、症状が落ち着いてからゆっくり休めそうな場所を探すと良いでしょう。

また症状がひどい場合は酔い止めを飲むのも一つの手です。酔い止めは「トラベルミン」と呼ばれる成分が含まれているのですが、このトラベルミンは脳や耳などの伝達神経を抑える働きがある為、めまいを抑える効果が期待できます。

更年期障害によるめまい対策

辛い更年期障害によるめまいを改善するためにはどうすればよいのか気になりますよね。そこで改善方法を詳しく解説していきましょう。

漢方やサプリメント

漢方やサプリメントを服用するのも一つの手です。更年期障害の場合、女性ホルモンの分泌が減ってしまうことで症状を引き起こしている為、女性ホルモンとよく似た働きを持ったイソフラボンサポニンなどが含まれたものを選ぶと良いかしら。漢方だと高麗ニンジンがサポニンが豊富に含まれているためお勧めですよ。

サプリメントのお勧めは「キッコーマンの基本サプリ」。キッコーマンの基本サプリの特徴は、より吸収率の良いアグリコン型のイソフラボンが配合されていることです。そのためイソフラボンをしっかり体内に取り込むことができるんですよ。他にもポリフェノール・ビタミンB3・葉酸など女性に嬉しい成分がたくさん含まれています。

 

キッコーマンの基本サプリの購入はこちらから

価格:5,460円(税込)送料無料

定期コース:初回2,730円(税込) 2回目以降4,914(税込) 送料無料

https://www.kikkoman-shop.com/lp/sp0003/index.html

市販薬の服用

更年期障害からくるめまいには、市販薬を服用するのも良いでしょう。でも更年期障害の人向けの市販薬ってたくさんありすぎてどれが良いのか迷ってしまいますよね。ではどんな薬が良いのかと言うと「ツムラの女性薬ラムールQ」です。

女性薬ラムールQは18種類の漢方薬と8種類のビタミンが入った市販薬で、更年期障害からくるめまいなどの症状に効果が期待できます。また漢方薬が主流の薬なので、副作用が比較的少ないというのも嬉しいですよね。

 

ツムラの女性薬ラムールQの購入はこちら

Amazon

価格(80錠入り):1,136円

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%83%A0%E3%83%A9-%E3%80%90%E6%8C%87%E5%AE%9A%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E3%83%84%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7%E8%96%AC-%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%ABQ-140%E9%8C%A0/dp/B001TIEUDA?th=1

生活習慣の改善

自律神経の乱れを整えるためには、普段の生活習慣を正すことも大切ですよ。そのため十分な睡眠やバランスのとれた食生活、適度な運動などを行い自律神経の乱れを正すようにしましょう。

特に食生活では

  • 女性ホルモンとよく似た働きをする「大豆イソフラボン」…豆腐・味噌・納豆などの大豆製品
  • 脳の働きを正常にしてくれる「ビタミンB1」…うなぎ・豚肉・グリンピースなど
  • 自律神経を整えてくれる「ビタミンE」…アーモンド・ニジマス・うなぎ・とうがらしなど
  • 血液の流れを良くする「EPA・DHA」…イワシやサバなどの青魚

などを積極的に摂取すると良いでしょう。また高血圧もめまいを引き起こす原因になる為、塩分控えめの食事を心がけてくださいね。

病院での検査

40~50代の女性がめまいなどの症状で悩まされる場合、更年期障害から来る症状だと思い込んでいる人も多いです。

でもこの時期は高血圧や心臓疾患、脳梗塞など別の病気が隠れている可能性もあります。そのためあまり頻繁にめまいが起こる、めまい以外に吐き気や頭痛がひどいなどの場合は、一度病院を受診してしましょう。たとえそれで病気が見つからなかったとしても、更年期障害の治療を受けることができる為症状はずいぶんと楽になりますよ。

ちなみに受診する科は婦人科や内科で大丈夫です。婦人科や内科で異常が見当たらなかった場合は、念のため脳神経科や耳鼻科を受診すると良いでしょう。

更年期障害としっかり向き合おう!

40~50代のめまいは、更年期障害が原因で引き起こされていることが多いです。辛いめまいから解放されるためには、更年期障害の症状を改善することが一番の近道と言えるかしね。

今回紹介した改善方法は更年期障害の改善に効果的な方法ばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。ただし別の病気が隠れていることも十分考えられるため、頻繁にめまいが起こったり頭痛や吐き気などの症状が強く現れるときは一度病院を受診ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です