男性更年期は危険!?本当にツラい症状の原因と対策!

一般的に女性のイメージが強い更年期障害ですが、男性にも更年期障害があるんですよ。更年期は身体や精神の様々な不調と密接な関連がありますので、不調に気づいたらすぐに治療を開始してくださいね。今回は男性の更年期障害の原因と対策について解説します。

更年期は男性にも訪れる

更年期障害とは、女性特有の病気と思いがちですが、男性にも訪れるんです。女性と同様、男性の更年期障害は病気であり、治療を必要としています。

更年期障害を放置しておくと非常に危険ですので、症状がある方はすぐに治療を開始しすることをおすすめしますよ。

この記事では、今すぐできる治療法を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

男性更年期障害とは?

男性更年期障害とは、中年になるとおこる病気であり、やる気がしない、体がだるい、体が熱いなど、女性の更年期障害と同じ症状が起こるんです。

【症状】そのツラい症状、更年期かもしれません

男性の更年期障害かどうかは、症状から判断することができますよ。ここでは、更年期障害によってあらわれる症状を解説しますね。

更年期障害で起こる症状は大きく分けて「身体的症状」、「精神的症状」、「性機能に関する症状」の3つの種類に分けることができます。

身体的症状

テストステロンは、男性特有の筋肉や骨を作るために必要なホルモンです。テストステロンの減少による身体的な症状は、筋肉量が落ちる、疲れやすくなる、体を動かすのが億劫になるなどの症状があり、ひどい場合は、歩行困難になることさえあるんです。

精神的症状

テストステロンは、抗うつ剤に使用されているストレス軽減効果もありますので、更年期障害によって減少すると、不安、イライラが強くなり、うつ症状が出てくるんですよ。

性機能に関する症状

テストステロンは勃起を促す働きや、異性を引き付けるフェロモンを発生させる働きがあります。そのため、更年期障害によって減少すると性欲が減少し、EDになりやすくなるんです。

その他の症状

更年期障害によるテストステロンの減少は、急にめまいを起こしたり、内臓脂肪が増えてメタボの原因になったりします。

【原因】男性でも更年期になるその原因とは

男性ホルモンであるテストステロンは、精巣が生産するホルモンですが、高齢になると徐々に低下していきます。

男性更年期障害とは、この男性ホルモンのテストステロンが急激に低下することが主な原因と考えられているんです。

加齢

特に40代後半から50代前半に、更年期障害が発症するケースが多くあるんです。原因は、加齢によるテストステロンの低下です。

生活習慣の乱れ

体内の老化が、テストステロンの低下につながりますが、若くても生活習慣が乱れていると、体内が老化してくるんですよ。

睡眠不足、バランスの悪い食事、アルコールやたばこの過剰摂取などの生活習慣の乱れは、男性更年期障害の原因になってしまいます。

ストレス
過度のストレスも、男性更年期障害の原因になります。ストレスは、テストステロンが急激に減ることがあり、うつ症状ややる気が低下するなど、更年期障害の症状が出るんです。

【対策】快適な生活を送るためにできること

男性更年期は治療が可能な病気なんです。個人できる治療もあれば、重症の場合専門家による治療や薬を飲む必要があるかもしれません。

まず、今できることから始めてみてくださいね。

生活習慣の改善

男性更年期障害は、生活習慣の乱れが大きな原因のひとつです。この機会にあなたの生活習慣を見直してみるのはいかがでしょうか。

まず早寝早起きを心がけてくださいね。起きる時間を一定にするために休日もいつもと同じ時間帯に起きるのが大切です。

また脂っこい食事を避け、代わりに緑黄色野菜を中心とした健康に良い食事を心がけてください。アルコールを飲む量は少しだけにし、たばこはできれば完全に断ってくださいね。

ストレスの発散

ストレスの解消は、減少したテストステロンを再び増加することがわかっています。ストレスの解消方法は人によって異なりますが、男性の場合効果が高いのが「運動」なんです。

でもいきなりハードな運動をしようとすると続かなかったり、逆にストレスになってしまったりすることがありますので気を付けてくださいね。

ウォーキングや軽いジョギング、あるいはスイミングなど体を動かせることなら何でも効果があります。適度な運動は、ストレスの発散になるだけではなく生活習慣の改善にもつながりますよ。

筋力トレーニング

テストステロンの減少は、筋肉の減少につながりますが、筋肉トレーニングはテストステロンの分泌を促し、更年期障害の改善につながりますよ。

市販薬の服用

更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンの現象が直接の原因ですので、男性ホルモン錠剤を服用すれば、症状がかなり緩和されるんですよ。

ただし更年期障害は、男性ホルモンの分泌不足によるものですので、薬を服用するだけでは根本的な解決策にはならないんです。薬の服用に加えて生活習慣の改善やストレス解消することを心がけてくださいね。

病院での治療

最近は増加する需要に備え、男性専用の更年期障害の治療を扱っている病院も増えてきたんですよ。

病院では専門医によるカウンセリングの後、身体面と精神面の両面から治療を行い、ひつようなら男性ホルモンを体に直接注入するホルモン補充療法を行います。

更年期障害の症状がひどい場合は、どうぞ一人で悩まないで専門家による治療をおこなってみてくださいね。

男性も更年期を乗り越えて、生活を豊かに!

女性も男性も更年期障害を必ず乗り越えることができます。更年期障害の症状はもしかしたらあなたの生活習慣の乱れ、あるいはストレスの蓄積のサインかもしれませんよ。

症状が出ているのに、気のせいだとほっておいたり、自分を責めたりしたら症状はさらに悪くなってしまいます。気づいた時が治療の第一歩です。まずは今すぐできることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です