更年期うつ病が増加中!?症状や原因と対策を徹底解説!

近年、更年期うつ病を患う人が増加傾向にあると言われています。誰もがいずれ更年期を迎え、更年期うつ病になる可能性があるのです。だからこそ、更年期うつ病の症状や原因をしっかり理解し、ひどくなる前にしっかり対策しましょう!

更年期障害かな?と思ったら・・・

人それぞれ症状や症状の重さは異なりますが、誰にでも起こりうる更年期障害。メディアなどで見聞きし、ごく身近なものだと分かっていても、更年期障害や更年期うつ病がどういうものなのか、きちんと理解しておらず、不安や戸惑いを感じる人も多いですよね。

まずは、更年期障害や更年期うつ病の症状や原因、対策を把握し、心の準備をしっかりしておくことが、更年期を上手く乗り越えるコツの1つです。心身共に健やかな更年期を過ごせるようにしましょう!

更年期うつ病とは?更年期障害との違い

更年期って何?

更年期の始まりは、月経不順や月経異常が起こり始める女性が多いとされる40代半ば頃というのが一般的です。そして、更年期は閉経を挟んだ前後10年間続くとされています。閉経年齢で最も多いのが50代前頃なので、一般的に更年期は45歳~55歳が目安とされています。

ただし、個人差があり、働く女性が増加しストレスを抱えやすいくなった現代の生活環境の変化などが原因で、20~30代でも若年性更年期障害になる場合もあります。

更年期障害とは

女性の場合、更年期は卵巣機能が衰えはじめ、最終的には機能が停止する期間とされています。閉経が近づいてくると、卵巣機能が低下し卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減少します。このホルモンの減少や乱れに体がうまく順応できず、人によっては、日常生活に支障をきたすほどの様々な身体的・精神的症状が、更年期障害と呼ばれるものです。

主な身体的症状に、ホットフラッシュ(顔がほてる)、のぼせ、多汗、めまい、ふらつき、耳鳴り、むくみ、頭痛、だるさ、冷え、頻尿、抜け毛、肩こり、腰痛、動悸、手足のしびれがあります。

また、主な精神的症状には、不安、イライラ、うつ、睡眠障害、意欲低下があります。

更年期うつ病とは

更年期うつ病は、更年期に起こる身体的、精神的要因が原因で起こるうつ病のことです。更年期は体調や精神面が不安的になり、体だけでなく、心の変化も起きやすい時期です。子供が巣立つなど生活環境の変化も起こりやすい時期でもあり、心理的ストレスが重なることで、更年期うつ病を発症するケースも珍しくありません。更年期障害と更年期うつ病の症状は一部同じであるため、違いが分かりにくいとされています。

更年期うつ病の原因とその症状

原因

更年期うつ病も更年期障害と同様に閉経によるホルモンバランスの乱れが原因の場合もあります。それ以外にも環境の変化が引き金になり、心身的ストレスが更年期うつ病を発症しやすくしていると考えられています。

例えば、

  • 子供が独立したり、結婚したりして家を出る。(母親としての役割を失う。)
  • 伴侶を亡くし、家での立場が変わる。(家長としての役割を担う。)
  • 自分の病気や実父母、義父母の介護。(精神的・肉体的不安やストレスの増加。)

などです。こういった生活環境が大きく変わることによるストレスが更年期うつ病の主な原因です。

症状

更年期うつ病は、ある日突然発症すると言われています。更年期障害の症状と非常に似ており、主な症状は次のようなものがあります。

身体的症状

不眠、頭痛、のぼせ、ほてり、めまい、多汗、動悸、頻尿、食欲不振

精神的症状

喪失感、絶望感、自己嫌悪、被害妄想

こんな人は要注意!?更年期うつ病になりやすい人

ストレスをため込みやすい人

更年期うつ病はストレスが大きな原因で発症します。したがって、ストレスを溜め込みやすい人は、更年期うつ病になりやすいと言えますね。

更年期は体調不良やイライラや不安など精神的症状も起こりやすく、いつも以上にストレスを溜め込みやすい状況です。少しでも自分の好きなことや楽しいと思えることを見つけて、ストレス発散することで避けることができますよ。

過去にうつ病と診断されたことがある人

過去に産後うつなども含め、うつ病と診断されたことがある人は、更年期うつ病になりやすいと言われています。ですので、過去にうつ病と診断されたことがある方は、特に注意が必要ですよ。少しでも更年期うつ病の疑いがある場合は、症状がひどくなる前に、早めに病院を受診しましょう。

何事にもネガティブで落ち込みやすい人

更年期うつ病になりやすい性格というものもあります。何事にもネガティブで、些細な事でも落ち込むタイプの人は、気分が落ち込みやすいので、更年期うつ病になりやすいと言えます。なかなか性格を変えることは難しいですが、少しでも前向きに、あまりくよくよしないように心がけましょうね。

更年期障害とどうやって見分ければいいの?

更年期障害と更年期うつ病は、症状が一部共通しているため、医師でも判断が難しいと言われています。「更年期障害と診断され、治療をしたが改善されず、のちに実は更年期うつ病だと判明した」というケースも決して少なくありません。

主な見分け方のポイントとしては、

  • 婦人科で更年期障害の治療を行っているが、改善が見られない。
  • 不眠や精神的落ち込みが、2週間以上続いている。

という状況の場合は、更年期うつ病の可能性が高いですね。したがって、婦人科だけでなく、心療内科や更年期外来を受診しましょう。そこでは、更年期障害なのか、更年期うつ病なのかが、はっきりと分かり、的確な治療を受けることができます。

少しでも更年期うつ病の疑いがあったら、心療内科や更年期外来を受診することで、辛い更年期うつを早めに緩和することができますよ。

更年期うつ病の対策法を知ろう!

まずは病院へ

通常、うつ病の場合は、まず心療内科や精神科を受診します。しかし、更年期うつ病の場合は、女性ホルモンの減少なども伴っているので、婦人科や更年期外来も受診するようにしましょう。

近年、広く知られるようになった更年期外来は、婦人科や総合病院に設置されており、更年期障害に伴う様々な不調について、診断・治療を行っています。そこでは、症状に合わせて、ホルモン補充治療や漢方薬と並行して、うつ病の治療薬の服用など、総合した治療が可能です。

市販薬、漢方薬治療

更年期うつ病がそれほど重度でない場合は、副作用が少なく、更年期うつ病に穏やかに効く市販薬や漢方薬がおすすめです。様々な種類があるので、自分の症状や体質に合うものを選ぶことがポイントです。

特に漢方薬は、一人一人の症状に合わせた処方が可能なので、漢方専門医に相談しましょう。

薬局で手軽に手に入る市販薬にも更年期うつ病を緩和するものが多くなり、その中でもキッコーマンの「からだ想い 基本のサプリ」は、おすすめの1つです。

 

キッコーマン「からだ想い 基本のサプリ」

心身の変化が起こりやすい40代からの女性に嬉しい「大豆イソフラボンアグリコン」、「ぶどう種子ポリフェノール」、「ビタミンD3」、「葉酸」の4つの成分をバランス良く配合したサプリ。更年期特有のホルモンバランスの乱れやイライラや不安など、様々な体調の変化から女性の健康と美容をサポートします。

 

価格:5,460円

容量:60粒

購入先:https://www.kikkoman-shop.com/products/detail/1

信頼できる人に相談

更年期は今まで普通にできていたことをことが突然大変になったり、すぐに疲れてしまったり、自分ではコントロールできない心身の症状があらわれます。大きなストレスになることも少なくありませんので、一人で抱え込まず信頼できる人に相談しましょう。

また、家族に更年期うつ病を理解してもらい、できるだけ協力してもううことも大切です。

更年期うつ病は自覚することが大切

更年期うつ病だと自覚することは容易ではないですが、少しでも更年期うつ病の疑いがある場合は、早めに病院に足を運びましょう。更年期うつ病を自覚し、更年期うつ病の症状や治療を正しく理解することが第一歩です。

適切な治療を受けることで症状も軽減しますし、更年期うつ病を上手く乗り切ることができますよ。辛い更年期うつ病とサヨナラして、明るい未来をつくりましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です