すぐにできる!更年期のイライラ解消法!

更年期は更年期障害でイライラしがちと言われていますよね?イライラしている自分に更にイライラしてしまい、悪循環…ということも珍しくありません。更年期のイライラを解消して、明るく健やかな更年期を過ごすことはできるのでしょうか?

本当にツラい更年期のイライラ

更年期と聞くと、多くの人が真っ先に思い浮かべるのが、更年期障害ではないでしょうか?更年期障害の症状は人により様々ですが、代表的な症状に辛いイライラがあります。家族や友人など、自分の周りにいる大切な人達を傷つけてしまう可能性があると思うと、どうしようもない不安や戸惑いを感じてしまいますよね。

自分ではなかなかコントロールできない更年期のイライラやその他の症状を、解消することは可能なのでしょうか?更年期障害と上手く付き合っていくためにも、更年期障害についてしっかり理解し、心の準備をしておきましょうね。

更年期障害ってどんな病気?

更年期の始まりは、月経不順や月経異常が起こり始める女性が多い40代半ばごろと言われており、閉経を挟んだ前後10年間続くとされています。閉経年齢で最も多いのが50代前後なので、更年期は45歳~55歳というのが一般的ですね。

閉経が近づいてくると、卵巣機能が低下し卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量が急激に減少します。このホルモンの減少や乱れに体がうまく順応できず、日常生活に支障をきたすほどの様々な身体的・精神的症状が、更年期障害と呼ばれるものです。

 

身体的症状

ホットフラッシュ(顔がほてる)、のぼせ、多汗、めまい、ふらつき、耳鳴り、むくみ、頭痛、だるさ、冷え、頻尿、抜け毛、肩こり、腰痛、動悸、手足のしびれなど。

 

精神的症状

不安、イライラ、うつ、睡眠障害、意欲低下など。

更年期のイライラはこうやって解消しよう!

朝日で体内時計をリセット

早起きして朝日を浴びることで、体内時計がリセットされ、体のリズムやホルモンバランスが整いやすいくなりますよ。

また、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンという物質があるのですが、セロトニンは精神を安定させ、イライラを解消する働きがあります。年齢と共にエストロゲンの分泌量が減少するように、セロトニンの分泌量も減少するのですが、実は、セロトニンの分泌は、朝の太陽を浴びることで、活発になると言われているんですよ。

朝日を浴びるだけで、幸せホルモンが活発になるなんて、有難い自然の恵みですよね!

栄養バランスのとれた食事

栄養バランスの摂れた食事を規則正しく摂ることは、乱れたホルモンバランスを整え、イライラの解消をサポートしてくれる、とても重要なポイントです。

女性ホルモンが減少して起こる更年期におすすめな栄養素は、女性ホルモンをアップしてくれるビタミンとミネラルです。中でも、ビタミンB群は、神経の働きを整える作用があるので、更年期のイライラに効果があるとされていますよ。

また、カルシウムが不足するとイライラしやすいと言われている通り、カルシウムなどミネラルにも心を安定させる働きがあります。カルシウムは、体内では作り出すことのできない栄養素なので、カルシウムを多く含む牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、魚介類、海藻類を積極的に摂りましょうね。

軽い運動

更年期障害と上手く乗り越えるには、食生活だけでなく、適度な運動も大切です。国内外の研究によると、ウォーキングなど有酸素運動を続けたり、毎日、寝る前にヨガを取り入れたストレッチを行くことで、更年期障害が改善されることが分かっています。

運動はイライラやストレス解消だけでなく、更年期に起こりやすい睡眠障害の改善にも役立つので、なるべく毎日、軽い運動をするように心がけましょう。

マッサージやアロマテラピー

皮膚や鼻から脳に働きかけ、心身のバランスを整える働きがあるアロマは、更年期障害に高い効果があるとされています。イライラに効果があるアロマは、ゼラニウム、イランイラン、サイプレス、クラリセージなどです。

また、リンパマッサージはリラックス効果が高いことで知られており、イライラの解消に繋がります。更年期障害に効果のあるアロマオイルでマッサージをすれば、相乗効果で高い効果が期待できそうですね!

マッサージとは少し違いますが、更年期のイライラに効くツボもいくつかあるのですよ。マッサージは自分ではなかなか難しいですが、ツボを押すならテレビを見ながらでも手軽にできますよね。

 

血海

更年期のイライラをはじめ、冷え、頭痛、のぼせにも効果があるツボです。膝の皿の内側から約指3~4本の位置にある、押すと少し痛みのある部分が血海です。

 

太衝

イライラだけでなく、更年期障害の代表的な症状の1つであるホットフラッシュ(顔のほてり)の緩和に効果のあるツボです。足の親指と人差し指の骨が合わさった部分のへこんでいる部分で、押すとかなり痛みがあるのが太衝です。

イライラだけじゃない!更年期障害を克服しよう!

生活習慣の改善

更年期障害は、食生活、睡眠、運動、ストレスといった生活習慣と深く関わっており、症状を改善するためには、生活習慣を見直すことが重要です。

更年期障害には女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをし、代表的な症状のホットフラッシュを鎮める作用もあるイソフラボンの摂取が効果的です。日頃から納豆、豆腐、おから、豆乳など大豆製品を多く摂る様に心がけましょう。

1日の摂取量の目安は豆腐であれば半丁~1丁、納豆は1~2パックです。また、前述した通り、更年期障害と上手く付き合っていくためには、食生活だけでなく、適度な運動も大切ですよ。

漢方、サプリメントの利用

更年期障害がそれほど酷くない場合は、副作用が少なく穏やかに作用する漢方薬やサプリメントがおすすめです。種類豊富なので、自分の症状や体質に合うものを選ぶことがポイントです。

特に漢方薬は、一人一人の体質や症状に合う漢方薬でないと、副作用が起こる場合があるので、必ず漢方専門医に相談しましょうね。

また、薬局では更年期に効果のあるサプリが手軽に手に入ります。

 

キッコーマン「からだ想い 基本のサプリ」

心身の変化が起こりやすい40代からの女性に嬉しい「大豆イソフラボンアグリコン」、「ぶどう種子ポリフェノール」、「ビタミンD3」、「葉酸」の4つの成分をバランス良く配合し、更年期障害を緩和するたサプリです。更年期特有のホルモンバランスの乱れやイライラや不安など、様々な体調の変化から女性の健康と美容をサポートします。

 

価格:5,460円

内容量:60粒

購入先:https://www.kikkoman-shop.com/products/detail/1

市販薬の服用

サプリメントは、あくまでも「食品」で、足りないものを補うものですが、市販薬は「医薬品」になり、具体的に症状を緩和するものです。医薬品として認可されているものは、その効果が科学的に実証されていますので、更年期障害が具体的に見られる場合は医薬品を服用した方が効果が高いでしょう。

 

小林製薬 「命の母」

13種類の和漢生薬と各種ビタミンをバランス良く配合し、乱れたホルモンバランスや自律神経を整えます。辛いイライラ、ホットフラッシュ、めまい、不眠、動悸など、あらゆる更年期障害を緩和し、健やかな毎日をサポートする医薬品です。

 

価格:582円

内容量:84錠

購入先:https://www.amazon.co.jp/%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%AF%8D-%E3%80%90%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%AF%8DA-840%E9%8C%A0/dp/B005UJ17V2?th=1

更年期外来など病院の利用

更年期外来をご存知ですか?近年、徐々に知られるようになった更年期外来は、婦人科や総合病院などに設置されています。更年期障害に伴う様々な不調に対して、診断・治療を行っており、そこでは、症状に合わせて、ホルモン補充治療や漢方薬など総合した治療が可能です。

男性にも更年期があるって本当?

男性更年期障害

更年期障害というと、女性特有の症状と思われがちですが、実際には男性にも更年期障害が起こります。男性更年期障害も女性同様、ホルモンバランスの乱れが原因で、テストステロンという男性ホルモンの減少により、起こるとされているのですよ。

男性更年期障害の主な症状には、めまい、動悸、頭痛、多汗、のぼせ、不眠、うつ、EDなどがあります。

若年性更年期障害

20~30代で、更年期障害と似た症状が発症することを若年性更年期障害と言います。更年期障害と言っても、実際に更年期障害になったわけではありません。働く女性が増加しストレスを抱えやすくなった生活環境や、無理なダイエット、不規則な生活や食生活、睡眠不足などが原因で、ホルモンバランスが乱れることが原因とされています。

自分だけのリラックスタイムを大切に!

更年期障害で自分だけでなく、大切な家族や友人も傷つけ辛い思いをさせてしまう前に、何よりも自分自身が、更年期障害としっかり向き合うことが大切です。

更年期障害を人生の折り返し地点と捉えて、リラックスできる自分だけの時間を持ったり、趣味や運動に積極的に取り組んだり、プラスの方向に目を向けてみませんか?辛い更年期のイライラを解消して、笑顔溢れる健やかな日々で更年期を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です